「子育てのしやすさ全国トップレベル!!」 松戸市は子育てにやさしい街 共働き子育てしやすい街ランキングで継続して高評価! 松戸市は、子育てしやすい街づくりを最も重要な市の施策の1つとして、
「やさシティ、まつど。」をスローガンに掲げ、幅広い子育て支援を実施しています。
様々な取組みについて、日経DUALが発表する「共働き子育てしやすい街ランキング」にて、
例年高い順位を獲得。

松戸市全国トップレベル子育て支援で、
住み続ける価値高い街!!

松戸市はこれからも、子どもや子育て世代に優しい街づくりを進め、
多くの方々にとって「住み続ける価値の高い街」を
目指しています。

「共働き子育てしやすい街ランキング2019」全国編のランキングでグランプリを受賞!!「共働き子育てしやすい街ランキング2019」
全国編のランキングでグランプリを受賞!

松戸市は、子育てしやすいまちづくりを市の最重要政策の1つに掲げ「0歳児の入所入園のしやすさ
小児医療体制の充実」等といった取組みが高い評価を受け、2017年に全国編(東京を除く)ランキングで1位を受賞。
また2019年ランキングでは「待機児童対策」等が高く評価され2回目の1位を受賞しました。

2017年授賞式の模様

2017年授賞式の模様

評価の基本的な視点
「共働き子育てをする際に必須となる施設(インフラ)」と「補助(お金・サービス)」
の2点に注目
評価ポイント
「0歳児の入所・入園のしやすさ」「小児医療体制の充実」「幼稚園長時間預かり保育」
「病児保育の充実」等、多数の点で高評価をいただきました。

4年連続待機児童ゼロ達成!!

今までのランキング推移今までのランキング推移

2015年のランキングで、千葉県内1位を獲得。
2017年のランキングでは、全国編(東京都を除く)1位・グランプリ受賞。
2018年のランキングにおいては、総合編(東京都を含む)の順位を上げています
2019年のランキングでは、全国編(東京都を除く)2回目1位獲得しました。
2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
総合編(東京を含む) 22位 15位 6位 5位 2位
全国編(東京を除く) 9位 5位 1位 3位 1位
千葉県 1位 3位 1位 1位 1位

松戸市の子育て支援は全国でもトップレベル。ランキングでも高評価を継続しています。

松戸市の主な子育て支援策松戸市の主な子育て支援策

子どもの健康を細やかにサポート
乳児検診は、生後3~4ヵ月、6~7ヵ月、9~10ヵ月と3回実施。他市では事例の少ない
ロタウイルスとおたふくかぜの任意予防接種の費用を一部助成するなど、子どもの健康を守る健康診査や予防接種が充実しています。
千葉県ナンバー1の小規模保育施設数!
増加する保育ニーズに対応するため、小規模保育施設を増設しています。2020年(令和2年)1月現在の設置数は72ヵ所で、
県内1位を誇ります。また、交通利便性を意識し、市内23駅全ての駅前・駅ナカにも設置しています。
松戸市保育所(幼稚園)・小規模保育事業・認定こども園一覧
働きながら幼稚園も選択できます!
保護者が働いていても子どもが幼稚園を利用できるよう、一定の条件の下、預かり保育を利用する保護者に対して、月25,000円までの
補助金を支給しています。
松戸市独自私立幼稚園の預かり保育料の助成について(無償化制度以降)

さらに2020年(令和2年)度から送迎保育ステーションを新たに2ヶ所増設(八柱、東松戸)。
計4ヵ所となり、ますます便利になります。
安心!充実の小児医療体制!
毎日18時~23時まで、中学3年生までが受診できる夜間小児急病センターがあります。
小児科専門医や小児の診察に慣れた医師が対応。薬が必要な場合はその場で処方されるので、急な発熱でも慌てずにすみます。
PDF資料のダウンロード
松戸市の子育て支援について
松戸市の保育所一覧

共働き子育てしやすい街ランキングとは?共働き子育てしやすい街ランキングとは?

日本経済新聞社と日経DUALが、全国162の自治体を対象に共同実施した「自治体の子育て支援制度に関する調査」の結果をもとにし、
独自の指標で「子育てしながら働きやすい都市」をランキングしたものです。

受賞に対しての評価ポイント

  • 1認可保育園に入りたい人が入園できているか
  • 2認可保育園の今後の新設計画
  • 3認可外保育園などの受け皿がどれくらい用意され、
    また利用者への助成があるか
  • 4ファミリーサポートセンターの充実度
  • 5病児保育に預けやすいか
  • 6認可園の保育料が高いか、安いか
  • 7未就学児がいる世帯へ対しての
    サービス・現物支給があるか
  • 8学童保育が充実しているか
  • 9保育士の確保へ自治体独自の取り組みがあるか
  • 10保育の質担保への取り組み
  • 11幼稚園の活用
  • 12未就学児の人数

調査概要

調査主体:
日本経済新聞社及び日経BP社
調査名:
「自治体の子育て支援制度に関する調査」
調査対象:
三大都市圏の主要市区と全国の政令指定都市、県庁所在地の162市区(うち139市区から回答)
結果:
「共働き子育てしやすい街ランキング」として2種類のランキングを公表
①全国編ランキング:東京都の市区を除いた自治体を対象
②総合編ランキング:調査自治体の全てを対象

ママに子どもに優しい松戸市

ママに子どもに優しい松戸市