お客様の声

Vol.3〔家づくりアンケート〕K様

2018年04月25日

リビングを生活の中心にー家族を常にそばに感じられる家ー

営業担当: 江添 設計担当: 伊藤 ご購入の物件エリア: 松戸市胡録台

お客様写真

Qどれ位前から家探しをされていたのですか?
3年前くらいから、子供が小学校にあがる前に良いところがあればと思い探し始めましたが、そこまで本気で探していたわけではありませんでした。 結局、長男が入学してからは家探しはお休みしてしまいました。 しかし、2LDKの賃貸マンションに住んでいたのですが、子供が大きくなってくると手狭に感じ始めました。 子供部屋もなかったので、そろそろ一戸建てが良いかなと思い、家探しを昨年の初めから再開しました。
Qエドケンハウスに決められた理由は何ですか?
●探していた学区の土地と見学した建売の造りに魅かれて・・・ きっかけは、昨年の4月初めにエドケンハウスのホームページで学区の売地を見つけたので、すぐに問い合わせしました。 土地の広さ、立地はすごく良かったのですが、ホームページでは土地の値段しか分からないので、建物を含めるといくらになるか 分からず、正直不安でした。
Q2-2
しかし何棟かの建売を見学させてもらっている中で、どれも建売なのに1棟1棟ごとに外観は個性的だし、室内はしっかりした 造りだと感じ、すぐに気に入りました。あとは「予算内で注文住宅が建てられるのならば」と思い、参考プランと資金計画表の作成を お願いしました。いくつかのパターンの参考プランを提案してもらった後、予算内で注文住宅が建てられることが分かったので、お願いすることにしました。
Q面白かった家づくり
建売住宅から注文住宅へと方向転換したわけですが、最初は漠然と「リビングは広くしたい」とか「対面キッチンがいいな」「収納はたくさん欲しい」といった断片的なイメージ・要望しかありませんでした。自分達のイメージ・要望を形にするため、設計やコーディネーターの方から色々と提案してもらいました。細かいところまで自分達で決められるのがだんだん面白くなってきて、最終的には当初のプランと大きく変わってしまいました。
Q家づくり(プランニング)でこだわった点は?
子供達が勉強する時に、自分の部屋でしてもらうよりはリビングでしてもらったほうが良いなと思い、スタディーコーナーを作りました。部屋でひきこもってしまうことに ならないようにというのと、リビングで勉強する方が頭の良い子に育つという話を聞いたので。また、対面キッチンの真正面にスタディーコーナーがあるので、料理や家事をしながら子供の様子が分かり、安心です。2人並んで、よく勉強もしています。
Q●家族が必ず通るリビングと開放感のある対面キッチン
階段をリビングの真ん中に作り、2階への導線は必ずリビングを通るようにしました。やっぱり子供が中高生になって、顔も見ずに2階に上がってしまうというのは嫌だったので。また空調の効きが良くなるというので、階段に引戸をつけましたが、良かったなと思います。 キッチンは前に住んでいたマンションが対面キッチンだったので、対面にしたいと思っていました。子供の様子を見ながら料理できるのがいいです。
Q●収納はまとめて大きくとって、部屋をすっきりと
シューズインクローゼットは、玄関廻りのごちゃごちゃしがちな物をまとめて収納しています。またシューズインクローゼットとは別に設けた玄関脇の 収納は出かける際に必要になるような、主人のオート・スーツの上着、子供の制服等をしまっています。 2階も部屋は4部屋作ることもできたのですが、あえて3部屋を大き目にとり、2.5帖の納戸を作ってもらいました。
Qお住まいになってから、こうしておけばよかったと思う点は?
キッチンのカウンターにコンセントを1つ欲しかったです。フードプロセッサー、ミキサーとかに電源が必要なので。背面にはコンセントがあるのですが、やはりある程度よごれても良いキッチンに欲しかった。キッチンの上で使えたら便利なのになぁ~と思ってしまいます。
Qお住まいになった後、この家の一番の自慢は?
LDK+スタディーコーナーの見通しが非常に良く、開放感がある点です。 LDKが南面にあり、部屋はすごく明るいのも良いです。 あとは工夫した収納やスタディーコーナーが自慢です。
Qエドケンハウスについての感想をお聞かせ下さい。
図面をつくりあげていく過程がとても楽しかったです。何度も打合せをしてくれて、ちょっとずつ詰めていけました。 また、担当の江添さんにもいろいろやってもらって、子供達もなついてくれて、本当に満足しています。